チェイスBlog

釣り人による釣り人のためのサイト

バスボート・魚探

ボートトレーラーのユーザー車検

”車検”と聞くとディーラーさんや、代行業者さんに依頼するのがほとんどだと思いますが、意外と簡単にできてしまうので、どんな書類が必要だったり、検査はどうやって受けるのか、どれくらい費用がかかるのかなど紹介します。

まずは、ユーザー車検のおおまかな流れは次のとおりです。

  • トレーラーの点検整備
  • ユーザー車検の予約(インターネット)
  • 必要書類、認印の準備(事前、当日)
  • ボートを降ろす
  • 受付、記入(各運輸支局)
  • 自賠責保険、重量税、検査手数料支払い(各運輸支局)
  • 検査(各運輸支局)
  • 交付(各運輸支局)

 

トレーラーの点検・整備

最初に”簡単にできる”と言ったんですが、点検・整備、そして修理や交換などは別物です。灯火類などは比較的簡単ですが、ブレーキ関係などはできるだけプロに任せたほうがいいでしょう。

【ブレーキランプ】【ウインカー】【バックランプ】

【ホイルゆるみ】【アクチュエーター】

【三角板】【車幅灯】

 

ユーザー車検の予約

点検整備ができたら、次は車検の予約です。予約はインターネットで行います。

「自動車検査インターネット予約システム」

「新規アカウント登録」から予約を進めてください。

必要書類の準備

  1. 自動車検査証
  2. 自動車損害賠償責任保険証明書(新旧各1枚)
  3. 自動車税納税証明書(継続検査用)
  4. 使用者の認印
  5. 自動車検査票
  6. 自動車重量税納付書
  7. 継続検査申請書
  8. 定期点検整備記録簿

※②の新しい「自動車損害賠償責任保険証明書」と⑤⑥⑦は、当日各運輸支局で用意できます。

 

ボートを降ろす

車検を受けるには、ボートを降ろした状態でないといけないので事前にボートを降ろしてください。

 

受付・記入

運輸支局には、予約した時間の約1時間前に到着すると事前手続きに余裕が出ます。

到着したらまずは、「ユーザー車検受付窓口」に行き、必要書類を受け取ります。

5.自動車検査票

6.自動車重量税納付書

7.継続検査申請書

 

壁などに書き方が表示しているので、参考にして記入します。

(※鉛筆で記入する部分と、ボールペンで記入する部分に注意してください。)

 

自賠責保険・重量税・検査手数料の支払い

記入ができたら、各窓口で自賠責保険・重量税・検査手数料を支払います。

自賠責保険

自動車重量税

検査手数料

  • 自賠責保険: 5,000円
  • 重量税  :11,400円
  • 検査手数料: 1,800円
  • 合計   :18,200円

支払いを済ませたら、再度受付に戻って必要書類一式を提出します。

検査

予約した検査の時間になったら、書類一式を持って検査レーンに並び、進入OKになるまで待ちます。

あとは、検査員に検査してもらいます。もし、合格しなかった場合は、その部分を整備し合格しなければいけません。

 

交付

検査に合格したら、受付に書類一式を持って行き、新しい車検証の交付をしてもらいます。

以上がユーザー車検の手続きとなります。

点検・整備以外は、経験のない人でもできると思いますので、チャレンジしてみてください。

 

-バスボート・魚探

Copyright© 釣り人による釣り人のためのサイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.