チェイスBlog

釣り人による釣り人のためのサイト

ライン 釣具のイイ話

FGノットを簡単・確実に結ぶ道具の紹介

こんにちは。

最近バス釣りでも、リーダーを結束したPEラインを使用することが増えてきました。

i字系ノーシンカー、ミドスト、パワースピニングなどPEのメリットが有効なリグです。

PEラインのメリット・デメリット

【メリット】

  • 伸びが小さく感度がいい
  • 太さに対する引張強度が強い
  • 軽いルアーでも遠くへ飛ばせる

【デメリット】

  • 耐摩耗性が弱い
  • 風や波の影響を受けやすい
  • リーダーの結束が必要

中でもリーダーとの結束で一番使われる「FGノット」は、慣れが必要で結束に時間もかかります。

 

簡単なオルブライトノットはどうなの?

私もPEを使い始めた頃は、「FGノット」ではなくより簡単な「オルブライトノット」を使用してました。

「オルブライトノット」は、「FGノット」よりも簡単で、ボート上でもすぐに結束できました。

結束強度も問題なく、切れたり抜けたりすることもありませんでした。

しかし「オルブライトノット」の欠点は、リーダーを折り返すことにより、結束部分が太く、リーダーの末端がロッドの先端を向いていることでした。。

それにより、ガイド径の小さなロッドで軽いルアーを投げた場合は、飛距離が落ちたり、ライントラブルとなることが頻繁にありました。

『緑:FGノット』              『赤:オルブライトノット』

 

昌栄:システムスティック

そこで、使いだしたのが、昌栄さんの「システムスティック」です。

ライフジャケットにつけて、

ラバー部分の隙間に、ロッドから出たPEラインを挟み込みます。

そうすると、PEラインにテンションがかかり、かつ両手でFGノットを編み込んで行くことができます。

(詳しい使い方はこちら

「システムスティック」本体の黒い部分は、ラバーが巻かれているので、締込みに使う事もできます。

「FGノット」未経験の方は、”編み込む”と聞くと難しいように聞こえますが、めちゃくちゃ簡単なのでぜひ試してみてください。

-ライン, 釣具のイイ話

Copyright© 釣り人による釣り人のためのサイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.