チェイスBlog

釣り人による釣り人のためのサイト

ルアー 釣具のイイ話

【琵琶湖 北湖】ダウズビドーの使い方を徹底解説

今日は、毎年3月後半から4月にかけて、ガイドで使用しているダウズビドー(ジャッカル)の使い方について紹介します。

ズバリ!使い方は「ストップ&ゴー」

さっそくですが、そのキモとなる使い方は「ストップ&ゴー」です。ダウズビドーを、”巻いて止める”それだけです。

ただ、大事なのが”いつ”止めるかです。それは、ボトム、岩、ブロックなどのストラクチャーにタッチした瞬間です。

タッチするまでは普通に巻き続け、何かにタッチした瞬間に2~3秒止めます。そしてほとんどのバイトがこの瞬間に出ます。

 

 

バイトのでかた

止めた瞬間のバイトのでかたはたくさんあります。

”ガツン”と強い場合や、ワームのバイトのような”コツッ”という小さいアタリ。そして、船が揺れたときのような”フワフワ”というようなアタリまで。

 

どんなシチュエーションで使うか

水深

ダウズビドーの潜行深度は約2mです。”何かにタッチした瞬間に止める”ので、水深は1.5m~3m前後で使います。

水深3m近くになると、普通に巻いても到達しません。そういうときは、ジャークを数回いれるとさらに潜航深度が増します。

ストラクチャー

ハードボトム、岩、マンメイド、地形変化などがメインになります。

  

 

タックル

ロッド

長さは66から610ぐらいまで。硬さはML程度。

ライン

琵琶湖ではフロロ10ポンドから12ポンド

リール

できるだけ早くボトムにタッチさせたいので、ローギアではないほうがいいです。

 

ダウズビドーの使い方のまとめ

1年で一番多用するのは、バスがシャローに差してくる春です。

春に併用して使うのがスイムベイトですが、スイムベイトは3月前半から4月前半に使い、3月後半から徐々にダウズビドーに移っていきます。

理由は4月に入ると、バスがスポーニングの影響でボトムを意識してベイトを追わなくなるからです。

そうすると、ストラクチャーで止めることができるサスペンドミノーのダウズビドーが有利になってきます。

 

-ルアー, 釣具のイイ話

Copyright© 釣り人による釣り人のためのサイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.